Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
8/12(水)〜8/15(土)まで夏季休暇を取らせていただきます。
ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。


8/16(日)はアンコールにお応えして、インド・プランテーションAAも焙煎してお待ちしております!




Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
当店の通常ラインナップの1つ、エチオピア・イルガチェフ・G1ですが、仕入れの都合で今月は「ナチュラル」の豆を販売させていただいております。

いつものウォッシュ精製のスッキリした後味もいいですが、ナチュラルならではの甘〜い香りがたまらないという方も多いかと思います。

当店がもっと大きなお店だったらウォッシュとナチュラルの両方を常に販売することもできるのでしょうけれど、こればかりは仕方ありません。お許しを・・・

当店が取り扱うからには妥協なく、グレードは当然ながらエチオピアの最高グレードであるG1です。ナチュラル精製ですから豆の水分量にはどうしてもばらつきがでますので色づきはややムラがありますが、粒揃いはさすがG1、とても良い粒揃いです。

エチオピアの「ゲシャ」にはさすがに及びませんが、イルガチェフのナチュラルだって感動もののアロマです。ぜひお試しください。

おそらくは8月いっぱいくらいでウォッシュのイルガチェフに戻すと思いますので、ナチュラル好きな方は今のうちにご堪能くださいね。

エチオピア・イルガチェフ・G1・ナチュラル、¥580/100gにて販売中です!



<<< 雑談 >>>

先月は2回ほどバスク風チーズケーキを焼きました。
某コンビニで大ヒットしたことで、世間では「バスチー」の愛称であっという間に知れ渡ったチーズケーキです。

レシピを調べたらとても簡単。ざっくり言うと

・クリームチーズ
・生クリーム
・玉子
・砂糖
・薄力粉

これらを混ぜ合わせたら型に入れて焼くだけ。
もちろん上手に作るにはいろんなコツが必要ですが。

若いころからいわゆるニューヨークスタイルのベイクドチーズケーキはたまに焼いたりもしていたのですが、ケーキの下に敷き詰める生地をいっしょうけんめいグラハムクラッカーを砕いたりして用意するのがとても面倒でした。

それに比べたらバスチーのなんと簡単なことか!
あまりの簡単さにうれしくなって、つい2週間続けて焼いてしまいました(笑)



もっと中がとろ〜っつした感じに焼き上げたいのですが、まあバスチー初心者としてはまあまあの出来ではないでしょうか・・・

何せ中の温度が何度なのかもわからない旧式のガスオーブンで焼いておりますので、焼き上がりはカンに頼るしかないのです。

一応オーブン機能がついた電子レンジもあるのですが、ケーキやパンはガス火でしょ!と、ガス焙煎機で珈琲豆を焼く店主の根拠のないこだわりがそれを使うことをためらわせるのでありました。


でも次回は電気オーブンで焼いてみようかな・・・




Category: 一般
Posted by: toirocoffee
各地で「プレミアム商品券」なるものが発行されていますが、我が街塩尻市からも「しおじり元気応援券」という商品券が発行されています。

あまり大きな宣伝もせずに隠れ家的に営業をしている当店ではありますが、今回はコロナ渦の地域振興に少しでもお役に立てればという思いで、この企画に賛同させていただきました。

塩尻市に在住の常連様はもちろんですが、プレミアム商品券の取扱店の一覧を見て初めて当店を知ったという方もちらほらとご来店くださり、本当にありがたい限りです。

塩尻市のプレミアム商品券はすでに完売とのこと。1万円の購入で1万3千円分使えるわけですから、塩尻市内のお店で買い物の予定があった人にはかなり有益な商品券かと思います。

松本市などでもこれから販売が予定されているようですが(抽選に当たった人のみ!)、残念ながら当店では使えません。松本市在住のお客様にはごめんなさいです。

そんなワケで「しおじり元気応援券」は今年の12/31まで使用できますので、券をお持ちの方は当店でもぜひともご利用くださいませ。


<<< 雑談 >>>

世間は4連休の真っ只中。でもこのコロナ渦の中、天気も雨続きですし、とてもレジャーどころではないという方が多いのではないでしょうか。

そんな時はせめてプチ贅沢をして「家カフェ」してみてはいかがでしょう?

そこでおすすめしたいのは「パティスリー・ニューモラス」さんの”あんデニッシュ”。



ニューモラスさんは、パティスリーなのに休祝日にはキッシュやクロワッサンを提供してくれるありがた〜いお店です。

見ているだけで美しいプチケーキはもちろんのこと、キッシュやクロワッサンもとても美味しいのですが、甘党の私の一押しはやはり休祝日限定販売の”あんデニッシュ”です。表面には洋酒を効かせたシュガークリームが掛かっていて、これがニューモラスさんならではの味わいの演出に一役かっています。

このデニッシュに合わせるコーヒーを当店のラインナップの中からお薦めするとしたら、間違いなく「ガテマラ・セイバツリー・マヤ」をお薦めしたいっ!

ウエウエテナンゴ地区のウォッシュ精製の珈琲豆ですが、ちょっとフルーティーなフレーバーはナチュラル精製っぽさもあり、私の最近の一押しでもあります。これが洋酒の効いたシュガークリームに合うんです。

どら焼きみたいなアンコがびっしりと詰まった菓子には、それに負けないくらい重厚なマンデリンのフレンチローストなんかもよく合うのですが、軽い食感のデニッシュにはちょっと重たすぎる。このガテマラはしっかりとコクもありますのでデニッシュの中のアンともいい感じにマッチします。

ちょっと大きめのコーヒーカップにたっぷりの珈琲。
そしてお気に入りのとびきりのスイーツ。

どこにも出掛けられない日は、いつもよりちょっとだけ贅沢な「家カフェ」を堪能してみてはいかがでしょうか?




Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
7月17日は第3金曜日ですので、当店の定休日となります。
毎土曜日の定休日と合わせて、17日(金)、18日(土)と連休となりますので、何卒ご了承願います。




カリタの陶器製の可愛いミニ・メジャーカップ、今なら全色揃ってます。
欲しい色があったらお早目に〜

期間限定にて販売中の「コスタリカ・ラ・カンデリージャ」、とてもご好評をいただいております。
8月の中旬くらいまでの販売予定です。
こちらも気になる方はお早めに〜





Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
期間限定販売豆のお知らせです。

インド・プランテーションAAがあっという間に完売してしまい、次なる限定販売豆は何にしよう・・・と考えた結果、1年2ヵ月振りの取り扱いとなるコスタリカの珈琲豆にすることにしました。

中米コスタリカの豆は過去に何度も扱ってきましたが、とにかくそのクリーンな雑味のない味わいが素晴らしい。今回の豆もそんな期待に外れることのない良質の珈琲です。

標高1,500mに位置するタラズ地区の契約25農園が栽培するカトゥーラ種の珈琲豆を、「ラ・カンデリージャ」マイクロミル(集めた豆を脱穀から乾燥までの精製をおこなう施設)がハニー製法で精製した豆です。

ハニー精製というのは当店でも何度も紹介してきたので今更説明するまでもないとは思いますが、念のために説明すると珈琲豆の精製は以下の2つが主流の精製方法です。

・ウォッシュ精製=最初に水洗式の機械で一気に脱穀して乾燥させる

・ナチュラル精製=採取した珈琲豆をそのまま一定期間乾燥させてから脱穀

これらの2つに対して「ハニー精製」というのは、採取した珈琲豆をまず水洗するところはウォッシュ式と同じなのですが、豆の表面に残っているミューレージと呼ばれるぬめりは残して水洗し、それから乾燥させます。

ウォッシュ式のクリーンな味わいと、ナチュラルの果実感のある甘みのある味わい、両者の特徴を引き出すための精製方法と言えます。

ミューレージは残して精製した珈琲の生豆は、グリーンビーンズというよりはほんのり茶褐色がかっています。これぞハニー精製の証しです。



当店の記録をみたら、前回はハイ・ロースト(中炒り)で果実感のある酸味を前面に出した焼き具合にしておりましたので、今回は酸味は控えめに香ばしさを楽しんでもらおうとシティー・ロースト(やや深炒り)にしました。

クリーンで雑味がなく甘みは十分にあり、苦みと酸味が絶妙に調和した味わいはさすがコスタリカ産豆のハニー精製。店主の好みにぴったりなコーヒーです。

このコーヒー飲みながら美味しいサンドウィッチ食べたいな〜なんて思うのでありました。


コスタリカ・ラ・カンデリージャのハニー精製豆、只今から販売開始です!

¥600/100g なり。



Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
インド・プランテーションAA・ジュリアンピーク農園、数量限定で本日から販売開始しました。

ケント種というインド固有のアラビカ種の豆です。シティーロースト(やや深炒り)にすることで酸味は少なく苦みが主体の香ばしい味わい。ストレートはもちろんですが、お砂糖やミルクを入れても美味しいと思います。

過去にインドの豆って販売したことあったかな・・・と思い返してみるのですが、どうも思い出せない。多分当店では初のインド豆だと思うのですが・・・(間違っていたらゴメンナサイ)



気になる方はお早目に。

¥540(100g)にて販売中です!



Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
6月19日は第3金曜日ですので、当店の定休日となります。
毎土曜日の定休日と合わせて、19日(金)、20日(土)と連休となりますので、何卒ご了承願います。


<<< 新規取り扱い豆 >>>

店頭の通常販売豆の1つ「コロンビア・スプレモ」ですが、ウィラ県のエル・パライソ農園の豆から、同じウィラ県のサンアグスチン遺跡で有名なサンアグスチン地域限定の豆へと変更になりました。



エル・パライソに比べると酸味は若干抑えられていて、程良いビター感。十分なコクがあるのは同様の味わいです。

コロンビア・スプレモ・サンアグスチン、しばらくは店頭の通常ラインナップとして販売していく予定なので、ぜひともお試しください。

¥540/100g にて販売中です!


Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
6月もまだ上旬だというのに、連日30℃超えの真夏日連発!!!
これにはさすがに参りました・・・

そんな暑さもあり、当店でもアイスコーヒー用のブレンドを少しづつ焼き始めました。

本格的な夏になるまでは、少量での焙煎となりますので、売り切れの際は何卒ご容赦願います。前日までにお電話で注文していただければ、確実に取り置きさせていただきますので、遠慮なくご連絡ください。

コロンビア豆のフレンチローストに若干のマンデリン・フレンチローストを混ぜたビターな味わい。アイスコーヒーに限らず、カフェオレ用にも使っていただけます。

アイスコーヒー・ブレンド ¥480/100g で販売中です!


<<< 雑談 >>>

本日のランチ。
そのアイスコーヒー・ブレンドを細挽きにして濃い目に抽出し、温めた牛乳に注げばカフェ・オレの出来上がり。

私の大好きなツナ・トーストを焼いて、一緒にいただきました。



高校生の頃、はじめて喫茶店でツナ・トーストを食べて感激したことを思い出します。大学生〜社会人になっても独り暮らしをしている間は、このツナ・トーストにはよくお世話になりました。

ツナ缶のツナにマヨネーズ、塩コショウ(あれば乾燥バジルやパセリも)を混ぜてパンに塗るだけ。あとはトースターでパンのフチが色づき始める程度に焼き上げれば完成!

簡単に出来て美味しいので、東京で暮らしている子供達にも「絶対美味しいから作ってみなよ」と何度も薦めているのですが、なかなか作ってくれません(笑)

どうしてなのか理由を訊ねたら、「どんな味が想像つくもん」という答え。

いや、その想像を実行に移すことが大事なんだよ〜と父は思うのでありました・・・


Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
期間限定で販売していた「ガテマラ・セイバツリー・マヤ」、すでに飲んでいただだいたお客様からも「美味しかった!」というお声をたくさんいただいております。

フルウォッシュ精製とは思えないナチュラル感たっぷりのフルーティーな香りは本当に素晴らしく、私も大のお気に入りの珈琲豆です。

期間限定で終わらせてしまうのはもったいないので、しばらくの間、ガテマラ産豆に関してはこの「セイバツリー・マヤ」を当店の通常ラインナップとして販売することにいたしました。この機会に多くの方にお試しいただければと思ういます。

ガテマラ・セイバツリー・マヤ、¥580/100gで好評販売中です!


<<< 雑談 >>>

この2ヶ月間、私たち夫婦も観光に行ったりぶらぶらとショッピングを楽しんだりすることもできず、外食することもすっかり無くなってしまい、ずっと同じパターンの毎日の繰り返しです。

そんな生活の中でちょっとだけ自分たちの生活に彩りを与えてくれるのは、やっぱり甘〜いケーキだったりします(甘党ですから!)

最近食べたスイーツは・・・

パティスリー・ニューモラスさんの「タルト・エキゾチック」
パッションフルーツやマンゴーを使ったゼリーのタルトです。酸味が効いていて初夏にぴったり!



こちらは菓子工房ennさんの「レモンシフォンのカップケーキ」
レモン味と生クリーム・クリームチーズの最強タッグのシフォン。この時は温めた豆乳+牛乳に黒豆きな粉を入れたドリンクとともにいただきました。
(サラダとシフォンケーキを食べるという、甘党ならではの食事風景・・・笑)




ニューモラスさんはイートインコーナーを閉じていて、ennさんも各種イベントの中止が相次いでいたり。

早くみんなが笑顔で触れ合える時間が戻ってくれたらいいナと思います。



Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
数量限定販売豆のお知らせです。

ガテマラのウエウエテナンゴ地区の豆、セイバツリー・マヤを数量限定にて販売させていただきます。

セイバとはガテマラの国木の名前。そのセイバツリーの名を冠した珈琲豆です。カツーラ種の豆で、フルウォッシュ精製の豆だということなのですが、シティーロースト(やや深炒り)にしてから試飲してびっくりしました。

まるでナチュラル精製のようなフルーティーなアロマと酸味。「これって本当にガテマラ産の豆なの?」と疑ってしまうほど、今まで経験してきたガテマラ産の豆とは異なる味わいです。

エチオピア・ゲシャの味が好きな方ならこの味わいにはきっとハマると思います。




アンティグア地区産珈琲豆のカカオっぽい味わいも店主は大好きなので、引き続きアンティグア地区の美味しい豆もセレクトしていきたいと思っております。

数量限定につき販売期間は短くなりますが、セイバツリー・マヤのフルーティーなアロマを、ぜひともお試しいただければと思います。

¥580/100g にて本日から販売開始しております!


Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
5月15日は第3金曜日ですので、当店の定休日となります。
毎土曜日の定休日と合わせて、15日(金)、16日(土)と連休となりますので、何卒ご了承願います。



期間限定販売豆「ルワンダ・ルワマタム・シティーロースト」好評販売中です。今月一杯くらいの販売予定なので、気になる方はお早目に。


<<< 雑談 >>>

長く続く外出自粛要請。本来ならばこの芽吹きの季節は1年の中で一番生命力を感じる時。いろんな人といろんな場所でその喜びを分かち合える時だというのに、それをぐっと我慢して毎日を過ごすということがこんなにもつらいものだとは。

定期的に外食に連れ出していた母とも会わず、自宅待機でストレスを溜めまくって東京で暮らしている子供達にはもちろん会えず、もどかしさが募るばかり。

でも周りでは休業をせざるを得ない飲食業の方などもいて、それを思えば細々とでもお店を開いて商売を続けていられることを幸せに思わなくてはいけないのかも知れません。

どんなに長い夜にも必ず朝はやってくる、そう思って皆で乗り切りましょう!!!


Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
<時間短縮営業のお知らせ>

5月3日(日曜日)〜5月6日(水曜日)は、閉店を18:00とさせていただきます。

ご了承のほど何卒よろしくお願いいたします。



<期間限定販売豆のお知らせ>

本日より東アフリカのルワンダ共和国産のコーヒー豆「ルワマタム」を販売させていただきます。
ルワンダの西部に位置するルワマタムコーヒーカンパニーが栽培しているブルボン種のコーヒー豆です。

フルウォッシュ精製の豆で、フルーティー感はあまりないのですが、やや深炒りにすると苦み・酸味・甘みのバランスがとても良く、ちょっと酸味があるカカオのようなフレーバーを感じます。お砂糖を入れて飲んでも美味しいかもしれません。


ルワンダの豆は過去にも何回か取り扱ったことがありますが、興味を持ったきっかけは「A Film About Coffee」という映画の中でルワンダのコーヒー農園が紹介されていたからです。

日本人がルワンダという国の名前を口にすることはほとんどありませんし、ルワンダといえば「紛争」のイメージが強く、そんな国で美味しいコーヒー豆が産出されているなんて、この私もちっとも知りませんでした。

今ではとても美味しいコーヒー豆の産出国として、しっかりと私の頭に刻み込まれております。ご興味のある方はぜひともこの機会に召しあがってみてください。

ルワンダ・ルワマタム シティーロースト(やや深炒り) ¥600/100g
での販売となります。



Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
まさに1週間先の暮らしぶりさえ想像できない状況。
これから先、日本はどうなってしまうのでしょうか・・・

「十色珈琲さんはお店開けてますか?」 そんな電話を何本もいただいたりして、本当に営業を続けるのも休業するのも、どちらを選ぶのにも勇気がいることだと思っている次第です。

いろいろと考えて、現状では当店は営業を続けるつもりでおります。
店内で飲食をする店ではない豆売り専門店であるということ、ニッチな商売ゆえ何組ものお客様で混みあうような店でもないことなどから、長い時間いわゆる三密の状態が続くリスクは低いだろうという結論です。

しかしながら、友達同士で連れあってだとか、家族全員でのご入店は控えていただくよう案内させていただいておりますので、この辺は何卒ご理解をいただきたいところであります。

窓を密閉せずに換気扇を回すなど、換気には十分に配慮し、頻繁な手洗い、ドアノブの消毒などに努めつもりでおりますので、当店をご利用してくださっているコーヒーファンの皆様とともに少しでも明るい未来があることを願いつつ、引き続き営業を続けていきたいと思っております。


さて、ここからは珈琲豆のお話しを・・・

先月から期間限定で販売してきたコロンビア・ピンクブルボンもご好評のうちに完売しまして、4月の残りの期間に何か特別な豆を用意しなくては・・・ということで店頭に並びましたのは「エチオピア・ゲシャ・オールドクロップ」です。

生豆の状態で3年程寝かせたゲシャ種のオールドクロップとなります。

オールドクロップの良さは、例えば強い酸味の豆であればその酸味が適度に抜けてまろやかな味になること。逆に新豆が持つフレッシュ感=フルーツテイストなども弱まってしまうことが欠点です。

日本人は珈琲の酸味を苦手とする人が多く、今回のエチオピア・ゲシャのように強い酸味を持つ豆が数年寝かせることで酸味の角がとれてまろやかな味わいになり、「こっちの方が美味しい」と感じる方も結構いらっしゃるのではないかと思います。

基本的には珈琲生豆の相場は新豆の方が高値です。今回に関しては新豆とそれほど変わらない価格で仕入れたオールドクロップなのですが、新豆とオールドクロップを飲み比べた結果、店主としましては「ゲシャは新豆でこそゲシャらしいフルーティーな個性を味わえる」と思っております。

そんな店主の思い込みもあり、ちょっとフルーティーさに欠けるオールドクロップ、ゲシャの価格としては破格の¥640(100g)で提供させていただきますので、ぜひともご賞味いただきたいと思います。

「新豆のゲシャに比べたら個性がないよね」とか「飲みやすくてオールドクロップの方がいいね」とか「こんな値段でいいんですか〜?」とか(笑)、オールドクロップのゲシャを飲んだ感想もお聞かせ願えればありがたいと思っております。

いやあ、本当に珈琲の世界は奥深い!









Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
4月17日は第3金曜日ですので、当店の定休日となります。

毎土曜日の定休日と合わせて、17日(金)、18日(土)と連休となりますので、何卒ご了承願います。





Category: 一般
Posted by: toirocoffee
長野県内でも新型コロナウイルスの感染者が拡大傾向にあるということで、我が街塩尻市にも「不要不急の外出自粛要請」なるものが出されました。

国が発出した緊急事態宣言ほどの強さはないとしても、市民の皆さんはなるべく外出しないように努力をすることでしょう。私のように個人商店を営む者にとっては何とも複雑な気持ち。もっとも飲食業を営んでいらっしゃる皆さんはすでに大きな打撃を受けているはずで、それを思えば私のお店はまだましな方なんだろうと思います。

しかし、もっと感染が拡がって自粛の度合いも増してくるとなると、十色珈琲も休業せざるを得なくなるのかな?などと、一応は心の準備はしております。休業補償もありませんし、この店に通ってくれているお客様のことを考えると、お店はずっと開いていたいというのが本音ではありますが、1週間先のこともわからないのが現状です。

とりあえず、4月12日(日)は営業しますし、その先もお店を開いていきたいと思っておりますので、当店の珈琲を望んでくれているお客様が「コーヒー難民」にならないようにがんばっていきたいと考えております。


今日は定休日でしたので、妻はマスク作り、私は壊れたままになっていたカメラの修理をして過ごしました。



当店にいらっしゃるお客様の中でも手作りマスクをしてくる方が増えてきましたし、小池都知事が手作りマスクをつけて会見している姿もあたり前になってきました。

そんな方々のマスク姿を見ていると市販のマスクに比べてとてもファッショナブルに見えてきて、逆にうらやましく思えてきたりして、妻がマスクを作ると言いだしたので、もう着なくなった私の麻混の薄手の生地のシャツを快く差し出したのでした。

妻も久しぶりのミシン仕事ということで思ったより大変だったようですが、妻用と私用、それぞれにあわせたサイズのマスクが完成しました。つけてみるとこれがとても心地よい。明日はさっそくこれをつけて店頭に立ちたいと思っております。




<<< 雑談 >>>

今朝TVを見ていたら、有名な免疫学者の方が「新薬を開発するのに100億用意できればある程度の目途が立つ」とおっしゃっていました。

首相が発表した一世帯あたり2枚の布マスク配布。某国会議員の調査では、そのマスクの調達と発送の予算は466億にもなるそう。

マスクが手に入らない。ならば自作しよう!ということで、とっくに庶民は自分たちの力でがんばって解決策を見出し日々を生きています。

未だに届かない2枚のマスクは今更いりません。そのマスクに巨額を投資して用立てる代わりに、そのお金を新薬の開発にまわしていただきたいのです。そのお金を昼夜問わずに戦っている医療従事者の方たちのために使っていただきたいのです。

自分の愛する家族、友達を恐ろしいウィルスから守ることは、家から出ない事以外、残念ながら私たち一庶民の力では何もできないのです。2枚のマスクを与えられてもそれではウィルスに立ち向かうことはできないのです。

私の声が、私たちの声が、日本国民の声が、どうか日本を動かすことができる大きな力を持つ人々の処まで届きますように。


Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
カリタの「パステル・メジャーカップ」が久しぶりに入荷しました。

この可愛い陶器製のメジャーカップ、これまでも何度か販売させていただいておりますが、いつも黄色から先に売れていきます。黄色だけは溝や文字の部分にはっきりとした濃淡が出るので、なんとなく手作りのような風合いが出て、それが人気の秘密なのかと思います。

店主は鮮やかなライムも好きですが、いつも最後まで売れ残る黒だって素敵です。当店で販売しているカリタの黒い陶器のドリッパーとお揃いにして、黒の持つ道具感を味わうのもいいかと思います。



ちなみにこのメジャーカップ、1杯が10gということで、珈琲1杯分淹れるのにこのカップ10g分の粉を入れてね・・・というのが目安になっているのですが・・・

注意していただきたいのは、コーヒーカップの基準の大きさは120ccのコーヒーを想定しているということ。これって意外と少ない量です。一般的なご家庭では150ccくらいか、大きなマグカップを使われている方はそれより多いかもしれません。

もう1つ注意していただきたいのは、コーヒー1杯分だけドリップする場合は、メジャーカップ1杯では足りないということ。「120ccのカップならメジャーカップ1杯の粉だよね」と思ってドリップすると♪思いきりアメリカ〜ン♪になってしまいます。(このフレーズがわかる方、私と同じ世代ですね〜)

従いまして、基準の120ccを1杯だけドリップしたい場合は、メジャーカップ1.5杯くらいの粉を使ってください。2杯だったらメジャーカップで2.5杯くらい。3杯ドリップでようやく一般的に言われている「コーヒー1杯=メジャーカップ1杯の粉」という基準と同じの3杯の粉が丁度良いのです。

4杯以上のコーヒーをドリップする場合は、逆に粉を減らしていかなくてはなりません。5杯分だったらメジャーカップで4〜4.5杯の粉で十分です。コーヒーメーカーとかで5〜6杯分のコーヒーを淹れる方は特に要注意です。

もちろん、これは先に述べた120ccのコーヒーカップ基準ですから、ご自分でお使いのコーヒーカップの容量をご確認の上、適切な粉の量を見極めてください。もちろん、濃いめが好き、薄めが好き、という個人の趣向の部分も加味しなくてはなりませんヨ。



Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
本日より、十色珈琲オリジナル・トートバックのプレゼントキャンペーンを実施させていただきます。

2020年7月より、レジ袋の有料化が始まります。

当店では基本的にはレジ袋は紙袋を使用しているため、プラスティック系のレジ袋が対象となっている「レジ袋の有料化」には該当しないのですが、雨の日や小さなお子様を抱っこれているお客様がいらっしゃる時とか、紙袋には入らないコーヒーサーバーなどをお買い上げのお客様がいらっしゃった場合などにはプラスティック原料のレジ袋を使用しています。

まあそういった当店の事情はさておき、このタイミングでレジ袋を使わないで買い物するというスタイルの啓蒙を進めてみてもいいのかな?なんて思いもあって、珈琲豆をお買い上げになられる皆様が使いやすいトートバックを作ってみることにいたしました。


素材は店主も大好きなデニム製が一押しだったのですが、さすがに製品コストが高くて、皆様に無料で配布できるほどの余力は当店にはありませんので(涙)、それならば珈琲生豆の輸入時に使われることの多い麻袋の素材(ジュート)で作ってみました。



ジュートならではのゴツゴツした生地ということで細い文字はちょっと表現がしきれなかった部分もありますが、皆様が使う分にはあからさまに「十色珈琲」という文字が目立つよりはかえっていいのかな?などとも思っております。

幅X高さは22cmX22cmのスクエア型。珈琲豆購入時はもちろん、他のお店へちょっとした買い物に出かける時にも使っていただけるサイズかと思います。さすがにスーパーに食料品を買いに行く時には小さすぎですが・・・。


このトートバック、ただ配布するだけでは「もらったけど使わないヨ」という方もいらっしゃるでしょうし、なるべく当店をずっと愛して下さるお客様に使っていただきたいということから、当店では初の試みとなるポイントカード制を採用することにしました。

珈琲豆100gで1ポイント捺印させていただいて、12ポイントたまったらトートバックと引換えができます。ポイント制といってもこれくらいだったら敷居は低いかな〜と思っております。期間は今年の6月末までです。

200gの珈琲豆をお買い上げになるお客様だったら6月末までに6回ご来店いただければ12ポイント貯まりますので、7月のレジ袋有料化に間に合うのかな?という感じで用意させていただいたつもりです。

というわけで、少しでも社会貢献できればという思いで作った十色珈琲オリジナルトートバック、ご興味のある方はぜひとも店頭でお声をお掛けください。本日からトートバックをご希望のお客様にはポイントカードを配布させていただいております!



Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
3月27日(金)はお休みさせていただきます。
27日(金)、28日(土)と連休となりますので、何卒ご了承お願いいたします。




<<< 雑談 >>>

新型コロナウイルスの感染が拡大してきました。
「東京封鎖もあり得る」という発言を聞くと、我々庶民には知らされていないとてつもなく悲観的な数字があるのではないかと邪推してしまったりもします。

逆に、「各自治体に任せます」という政府の方針に従って、4月からは学校再開の動きや自粛していたイベントの開催の動きもあり、何か矛盾してるような気がするのは私だけでしょうか。

TVモニターを見据え、「責任は私が取るから決めた事に従ってください」と力強く発信するヨーロッパ各国の首脳の姿は、日本と違っていて潔いなと感じます。

世界を襲う未知のウイルスと闘うには、ジャンヌダルクや天草四郎のような圧倒的なカリスマが必要なのかもしれませんね。

そんなジャンヌダルクを彷彿させる、前からぜひとも観に行きたいと思っていたディズニーの新作、実写版の「ムーラン」の上映が延期になってしまってがっかりしているせいか、尚更そんなことを考える今日この頃です。



Category: お知らせ
Posted by: toirocoffee
明日3月20日は第三金曜日ですので本来ならば当店の定休日ですが、営業させていただきます。

「春分の日」で祝日ということで、ほとんどの方はお休みかと思います。イベント等も中止になってしまって外出もできない方も多いはず。
せめて美味しいコーヒーを飲んでリフレッシュしてお過ごしください!



期間限定販売のコロンビア・ピンクブルボン、たくさん焙煎してお待ちしております。



Category: 珈琲豆情報
Posted by: toirocoffee
期間限定販売豆のお知らせです。

今回販売させていただくのは「コロンビア・ピンクブルボン」
ピンク色に熟す希少なブルボン種の豆です。

ブルボン種と言えば古来から存在する固有種というこで、コーヒー好きな方ならば誰しも耳にしたことのあるコーヒーの1つです。

しかしこのピンクブルボン、突然変異で生まれた種であるということで、古来からのブルボン種とはまったく異なるフレーバーを持ちます。

まず何と言ってもフルーティーな香り。精製方法はウォッシュドということなのですが、まるでナチュラル精製の豆のように、生豆の状態でドライフルーツの様な甘い香りがします。




焙煎してから試飲した印象もとてもフルーティー。今回はやや深炒りにしましたが、しっかりと甘みが前面に出てきて、後から柑橘系の酸味が追いかけてくる印象。

飲んでいる時はしっかりとコクがあるのに、飲んだ後には爽快感があるというキレのある後味で、「これってブルボン?ゲイシャ種でしょ?」と言ってもおかしくない程の個性あるコーヒー豆です。

コロンビア・ピンクブルボン、¥740(100g)にて期間限定販売中です!