Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
いつものスーパーの果物売り場を眺めていたら、妙に色鮮やかなレモンを発見しました。名前は「メイヤー・レモン」。説明書きを読んでみると、レモンとオレンジを掛け合わせた品種だとのこと。色艶を出すためのワックスなども使用されていないということで「皮ごと使えます」の表記が。これはジャムに最適なのでは?と思い立ちました。

ただ、レモンはあくまで脇役として使用します。主役はこの季節にしか味わうことのできない「甲斐黄桃」を使います。このまま食しても素晴らしく美味しい黄桃をジャムにしてしまうなんて、自家製ジャムだからこそできる贅沢というものです。



黄桃は皮を剥いて種を取ったらちょっと大きめに刻みます。メイヤーレモンは四つ切りにしたら黄桃の上にギュウ〜っと絞りかけ、残った皮は細切りにして鍋に投入。砂糖はいつもと同じく適当にどさどさっとたっぷりと。



午前中に仕込んでおけば夕方にはたっぷりの果汁が染み出したシロップ漬け状態に。これを火にかけて、アクを取りながら煮込んでいきます。せっかっくの黄桃の実の食感を味わいたいので、ジャムというよりはコンポートに近い仕上げを目指します。



鮮やかな黄色が美しい。オレンジ風味がちょっぷり感じられる、爽やかな黄桃とメイヤーレモンのジャム。プレーンヨーグルトに載せていただけば、幸せなブレックファーストタイムになること間違いなし!


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
例年ゴールデンウィークは通常通り営業しているのですが、今年は5月1日に改元するということもあり、思い切ってお休みをいただくことにいたしました。

この時期は新緑もきれいだし、まだ蚊も出ていないということで屋外でバーベキューでもしようと考えていたのですが、生憎の空模様でなんだか肌寒い。ということであれば屋内でピザでも焼いて食べましょうか・・・ということになりました。

ピザを焼くといっても、実はピザ生地の方はすでに入手済みでしたので、好きな具材を載せて焼くだけです。

ピザ生地はハンバーガーのバンズの時もお世話になった「菓子工房〜enn〜」のOさんにまたまたお願いしておいたのです。


すでに生地が焼き上がった状態で届けていただいたものを冷凍してありましたので、それに自家製トマトソースを塗って、モッツァレラチーズとバジルの葉を載せてオーブンで軽く焼けば「マルゲリータ」が完成です。定番のレシピだけあって文句なく美味しい!



その次はトマトソースの上にシラスと大葉を載せて、さらにマヨネーズをかけて。こちらもマルゲリータに負けず劣らずとっ〜ても美味しかったのですが、残念ながらフォトジェニックな写真が撮れず掲載を断念(笑)


そしてトリを務めるのが「ゴルゴンゾーラ」
生地にとろけるチーズをまんべんなく敷きつめたら、ゴルゴンチーズをところどころにトッピングしてオーブンへ。



食す時はハチミツをかけていただきます。青カビチーズならではのコクと、ちょっと強めの塩分にハチミツが合わさって完成する味わいはもう言葉にできないほど美味しい!


淹れたてのコーヒーと焼き立てのピザを囲み、家族でワイワイいいながら迎えた令和の初日なのでした。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
先月の話しなのですが、休日を利用して東京へ行く機会がありました。

いわゆる「裏原宿」と呼ばれる神宮前エリアに行く用事だったのですが、用事を終えてさて昼食にしようということになり、いくつかのお店を覗いてみるもどこも満席。東京には美味しいモノがたくさんあるのかもしれませんが、小さなお店にお客さんをぎゅうぎゅう詰めに詰め込んで、それでも入店待ちのお客様ができる。なんとも便利なのか不便なのかよくわからない都市です。

有名なグルメサイトで検索して、その中でも上位にランクされていたハンバーガーショップになんとか入店。店内はもちろんびっしりと狭いテーブルをたくさん並べたレイアウトで、隣のお客さんの会話はすべて丸聞こえです。それでも美味しいハンバーガーが食べられるのであれば我慢しましょう・・・と待つこと10分ほど。

出てきたハンバーガーはそれなりに美味しいのですが、びっくりする程では・・・。さらに辛口なことを言わせてもらえば、一緒に頼んだコーヒーはまったく美味しくありません。これは別に私が珈琲豆屋をしているからではなくて、ほとんどのお客様は同じ思いだと思うのですが・・・。

グルメハンバーガーにフライドポテトが付いてきて、それにホットコーヒー頼んだお会計は¥2,000ほど。2名だったので計¥4,000ほどです。都会であればテナントの賃貸料も高いでしょうし、神宮前という人気スポットであることを加えて考えれば「そんなものなのかな?」と思うのですが、地方都市に住む私が思ったことは、このくらいの食事に¥2,000も払うんだったら、自分の家で何倍も美味しいハンバーガーが食べられるゾ!ということです。


そこでそれを実証しようということで、我が家でハンバーガー作りに挑戦です。

まずはハンバーガーの基本となるパン、いわゆる「バンズ」です。これは私のような素人が手を出すよりも、プロに任せてしまいましょうということで、いつもシフォンケーキやベーグルでお世話になっている「菓子工房〜enn〜」のOさんにお願いしました。Oさんもバンズ作りは初めてということでしたが、焼いてきてくれたバンズは見るからに美味しそう。さすがプロ!

バンズが用意できたので次はパテ。
そんなに凝ったものは必要ないでしょうということで、牛肉100%のひき肉をスーパーで調達して、味付けは塩と胡椒のみ。よーく揉みこんで成型したらフライパンでソテーします。




私がパテを焼いている間に、となりで妻が山芋をフライに。




バンズを軽くトーストしたらレタスとチーズを乗せた焼きたてのパテを挟み込みます。ソースはケチャップにマヨネーズを混ぜただけの簡単オーロラソース風で。




完成したハンバーガーを、トマトとモツァレラチーズを乗せたサラダと一緒に食卓へ。もちろん丁寧にハンドドリップしたホットコーヒーと一緒にいただきます。


一口食べてみると・・・・・美味しい!
リラックスできる我が家での食事というプラスアルファの要素があることには間違いないですが、これを食べてしまったら東京で¥2,000も出してハンバーガーを食べる気持ちにはもうなりません。

お気に入りのコーヒーとリラックスした時間と空間の中でいただく心を込めて作った食事。やはりそれが最高の贅沢だとあらためて思ったのでした。



Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
またまたぶり返した猛暑。
いったいこの暑さはいつまで続くのか・・・

せめて気持ちはスッキリとしていたい!ということで、スッキリ爽快なスイーツを。


パティスリー・ニューモラスさんの季節限定のプチガトー「メリッサ」。

「信州はちみつプロジェクト」で採取されたはちみつが入ったムースのケーキです。



白ワインとライムとハチミツのムースの中に、青りんごのジュレとムース。トッピングされたライムをかじって、その余韻が終わらぬうちにムースをいただけば、口の中は一気に爽やかに!

そして、その甘みに負けじとホットコーヒーをいただけば、もう夏バテなんてどこかに行ってしまいますヨ。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
相変わらず連日猛暑が続いています。

ニュースでは熱中症の対策として、スポーツドリンクや経口補水液をこまめに飲むようにと報道しています。

もちろん「飲む」ことが一番重要ですが、「食べる」ことも重要なのだそうです。飲んだ水分は、汗や尿となりあっという間に身体から排出されてしまうので、食事をしっかりとって、それらからゆっくりと水分を吸収していくことが大切なのだとか。

そう言われてみると、いわゆる「夏バテ」っていう症状は、食欲が無くなってきてしっかりと食事をとらなくなっている時に起こるような気がします。この猛暑を乗り切るためには、しっかりと食べなくては!


しっかりと食べるための基本は「美味しそうなもの」を食べること!当たり前のことですが・・・(笑)

私の本日の昼食は、こんな感じです。



冷蔵庫に妻がつくってくれた水出しのアイスコーヒーがありましたので、それを牛乳で割って「アイス・オレ」に。そして冷凍庫にはちょっと前に購入しておいた「菓子工房〜enn〜」さんのカレーベーグルがありましたので、それをチンして温めてハムをサンド。刻んだマッシュルームと大葉を混ぜた卵でオムレツも作って、サニーレタスとミニトマトを添えて出来上がり。

とても美味しくいただきましたヨ。

まだまだ猛暑は続く様子。しっかり食べて、しっかり飲んで、猛暑を乗り切りましょう!




Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
我が家の朝食は、パンとサラダ、ヨーグルト、そしてコーヒー、というのが長い間の定番でした。ここ1年間くらいは妻がチーズと玉子が入ったホットサンドを毎朝作ってくれて、朝からそれなりのボリュームのある食事を採っていました。

しかし、年齢とともに食事の量も減ってきていますし、「もしかして現代人はたくさん食べ過ぎなのかも?」なんていう考えも脳裏に浮かび、数週間ほど前から食事のパターンを変えてみることに。

朝食はちょっとしたサラダとフルーツ入りのヨーグルト、そしてホットコーヒーに大さじ1杯のMCTオイル。健康食品として最近注目を集めている「MCTオイル」は、当店の常連様であるTさんが実践されているということで、我が家でもしばらく試してみることにしました。

MCTオイルについての効能などは、ご興味のある方はネットで調べてみてください。(もっとも、アメリカ等で流行っているのは、朝食は何も採らずにコーヒーとMCTオイルだけっていうスタイルらしいですが)


しかし大好きなパンを食べない生活というのは何とも寂しいものです。そこで朝食ではなくて、最近はランチにパンを食べることが多くなりました。冷蔵庫にある食材で適当なサンドイッチを作ったり、最近ハマっている「松川パン商店さんのクルミパン」を食べたり。

6月から30℃超えが続き、飲み物は自家製の梅ジュースだったり、アイスコーヒーブレンドを使って「アイス・オレ」を作ったり。今日のランチは「アイス・オレ」にしました。

いろんな知恵を絞って、この酷暑を乗り切りたいものですね。




Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
昨日の夕食後のデザート。

パティスリー・ニューモラスさんの「ヴェリーヌ・カフェ」をいただきました!



細長いカップに入っているのは、オレンジ風味のムースショコラとエスプレッソのムース。ニューモラスさんの店頭で販売されている「ヴェリーヌ・カフェ」は、コーヒーの香り付けに、当店の深炒りブラジル豆を使っていただいてます。


オレンジなどの柑橘系のドライフルーツやコンフィチュールって、コーヒーの味わいと絶妙にマッチします。コーヒーの苦みやコクを楽しみながら、そこに酸味の効いたオレンジ風味がスッと入ってくると、何ともいえない爽快感が生まれ、そこにまたコーヒーの味わいを重ねていく・・・といった美味しさの無限ループにはまるのです。


そう言えば東京で会社員をしていたころ、同僚とよく行っていたイタリアン・レストランがありました。そこで食後にエスプレッソを頼むと、添えたスプーンに柑橘系フルーツの皮が乗ってサーブされてきました。(オレンジだったかレモンだったかは記憶から飛んでしまいました・・・汗)

それをエスプレッソに入れてかき混ぜて飲むのですが、これが合うんです、意外と。フルーツは紅茶と合うイメージが強いですが、その時以来「ああ、コーヒーと柑橘系フルーツってとても合うんだ」と認識した次第です。


上の層からいろんな味と香りを楽しむのも良いし、長いスプーンで上から底までエイヤとすくって贅沢に味わうのも良いし、どちらにせよコーヒーと見事なまでのコラボレーションを演出することは間違いありません。

パティスリー・ニューモラスさんの「ヴェリーヌ・カフェ」、これからの暑い季節にぴったりのスイーツです。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
前回のエントリーでご紹介した「菓子工房〜enn〜」さん。
今週土曜日にも訪ねさせていただきました〜

そして今回購入させていただいたのがコレ。



コーヒー・シフォンケーキです。
コーヒー風味を付けるのに、十色珈琲の豆を使ってくれたシフォンケーキです!

一口頬張れば、ふわっふわの食感に魅了され、続いてコーヒーのほろ苦さが追っかけてきます。
コーヒーの味がでしゃばり過ぎずにほのかに感じられる具合が絶妙です。

バニラアイスクリームを添えていただけば、さらにベストマッチング!
夕食後にとてもリッチな気分でデザートをいただくことができました。

いつもは塩尻市大門商店街のコワーキングスペース「Mimosa」にて販売をされている「菓子工房〜enn〜」さんですが、松本パルコで開催される「パンパパンフェス」に参加されるともことですので、普段は大門商店街までは足を延ばせないという松本方面のお客様は訪ねてみてはいかがでしょうか?

-------------------------------
パンパパンフェスin松本パルコ

【日時】 11/30(木)〜12/4(月)

10:00〜18:00(売り切れ次第終了)

※菓子工房ennは11/30(木)、12/4(月)の午前の部の出店になります。

【場所】 松本パルコ1F特設会場
--------------------------------


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
イオンモールの「空庭」にある彩香さん。

フードコートでコーヒーとともに「チーズinタルトバウム」をいただくのも良いのですが、ここは贅沢に全種類を詰め合わせにしてもらってテイクアウトするのもオススメです!

全種類を買ってきて並べるとこうなります・・・
ど〜ん!




常温でも美味しいですが、冷蔵庫で1日寝かせてから食べるとチーズのコクが増してGOOD。さらにトースターやオーブンで温めて食べるのも更にGOODだとか。まだオーブンで温めての食べ方にはチャレンジしていないので、近いうちにトライしてみようと思います!


*10月の彩香さんのドリップコーヒーは、当店の珈琲豆「十色ブレンド」に加えて、「ガテマラ・カレドニア」「ブラジル手摘み完熟豆」の2種類のストレートコーヒーがオーダーできます。お買いもののついでに、ぜひともご利用ください


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
パティスリー・ニューモラスさんの新作、「ヴェリーヌカフェ」

ニューモラスさんのインスタグラムに掲載されている説明文から拝借すると・・・

「コーヒーとショコラのムースに、苦味の効いたオレンジのジャム。上にグランマニエのムースを流し、その中にもエスプレッソを隠し入れました。」

とのこと。




当店の珈琲豆から抽出されたコーヒーが、こんな具合に形を変えて美味しくなるのは、なんだかとっても不思議な感覚。

「おかえりなさい」なんて心の中で思いながらいただきました。
美味しかった〜

常に新しい味を探求しつづけるニューモラスさん。
次はどんな新作で楽しませてくれるのかなあ。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
今日は第三金曜日ということで、当店は定休日でした。買い物に行ったり、庭いじりをしたり。あっという間に時間は過ぎて気がつけば夕方になっていました。

疲れた体には甘いものが一番!
ということで、本日のおやつは、ニューモラスさんの新作"タルトノア"
このケーキ、何と当店の珈琲豆を使ってくれてます!

珈琲豆を使用したガナッシュが入っているタルトケーキで、表面には砕いたショコラとカカオがかかっています。



カリっとした香ばしさと、ビターなコーヒー風味のガナッシュとカカオのコクが、最高に美味しい一品です。


休日の夕方、一杯のコーヒーとスイーツで過ごす時間。
何よりも幸せを感じるひと時です。



Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
12日から16日までお休みを取らせていただきました。
今年は曇空続きということもあり、過ごしやすい気温でしたので、例年よりものんびりと過ごせたような気がします。

今日は塩尻の大門商店街にある、シェアオフィス「mimoza」さんに伺ってきました。お目当てはシフォンケーキ!

当店のお客様であるMさんが、シェアオフィス「mimoza」の運営をされているのですが、数週間前から「菓子工房〜enn〜」さんがベーグルとシフォンケーキの販売を始められたとの情報を教えてくれました。

土曜日限定だということで、調整が難しかったのですが、本日ようやく伺わせていただくことができました。

12:00頃に伺ったのですが、なんとシフォンケーキは最後の2つ!なんとか滑り込みで購入することができました。

購入できたのは「蕎麦粉と小豆のシフォンケーキ」。
ほどよい蕎麦粉の香りがあって、珈琲の香りと喧嘩してしまうこともなく美味しくいただきました。



「菓子工房〜enn〜」さんのシフォンは、他の材料も全てこだわっていらっしゃって、味わいもとっても優しい感じ。「mimoza」での毎土曜日の販売をいつまで続けていただけるのかわかりませんが、できれば次回はベーグルもいただいてみたい!と思うのでした。

夏の午後のひと時、高校球児の熱闘をTVで観戦しながら、美味しいシフォンケーキでまったりと過ごさせていただきました。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
ケーキやクッキーなどの焼き菓子が、コーヒーと相性がいいのはもちろんですが、和菓子とだってとても美味しくいただけます。

先日もお客様と「あんことコーヒーってあいますよね」などと盛り上がっていたのですが、そこで話題の中心になったのが「わらび餅」。

「黒蜜をたっぷりかけたわらび餅とコーヒーもいいですよ」なんていうお客様のオススメの言葉に、この数日間、頭の中はわらび餅でいっぱい(笑)




わらび餅の原料はもちろん「わらび粉」。わらびの根から採取するでんぷんが原料だそうです。

でも、大量生産して売られているわらび餅の原料は、大抵は芋から採ったでんぷんで作ってあるそうで・・・
本わらび粉で作ったわらび餅は茶褐色をしているのが本当なのだとか。そう言えばスーパーなどで見かけるわらび餅は白かった気がします。

そんなウンチクをインターネットで調べながら、ホットコーヒー片手に食すわらび餅。
ああ、日本人でヨカッタなあ・・・とつくづく思うのでありました。

ちなみにこのいかにも美味しそうな「わらび餅」、塩尻の一誠堂さんのわらび餅。
先週はすでに売り切れていて、1週間後の今日、ようやくリベンジできました。

一誠堂さん、とても美味しかったです。ごちそうさまでした!


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
今週の金曜日は今月の第三金曜日ということで、当店はお休みさせていただきました。

せっかくのお休みですが、どこかに遊びに行くこともなく、庭の雑草取りや枝の剪定など、この時期にやらなくてはならない庭仕事に追われました・・・

庭の山野草などを眺めるのは楽しいことですが、それらを快適に楽しむためにはそれなりの苦労が必要です。

朝から動きっぱなしだと、夕方頃にどうしても糖分補給がしたくなり、思い立ったらさっそくパティスリー・ニューモラスさんへ!




お酒が効いている”大人の味付け”が個性を出しているニューモラスさんのケーキですが、今回はお酒なしの2品をチョイス。
さっぱりと美味しくいただきました。

ニューモラスさんのエクレアのコーヒー風味の味付けに、当店の珈琲豆から抽出したエスプレッソを使ってくださっているというお話しをちょっと前にしたかと思いますが、それに加えてイートイン・コーナーでオーダーできるコーヒーにも、当店の珈琲豆を使ってくださっています。

ちょっと甘いケーキとコーヒーで一休みしたくなったら、パティスリー・ニューモラスさんのイートイン・コーナーをぜひともご利用ください!


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
今日はぐんぐん気温も上昇して、暖かな1日でした。
これは絶好のタイヤ交換日和!
がんばってマイ・カーのスタッドレスタイヤを、サマータイヤへと交換しました。

タイヤ交換をおえて疲れたところでコーヒータイム。
コーヒーのお供は、パティスリー・ニューモラスさんのエクレアで。



週末限定で販売されているこのエクレア、何と大納言小豆入り。
そしてコーヒー風味のクリームには、当店のブラジル手摘み完熟豆から抽出したエスプレッソを使用してくれてあります!

コーヒー風味でちょっぴりビターなクリームと、大納言小豆の甘みが、口の中で絶妙はハーモニーを奏でます。
言うまでもなく、コーヒーを飲みながらいただくのに相性抜群ですヨ〜。


ニューモラスさんのHPはこちらです!
http://numorous.com/


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
松本市小屋南に、新しくオープンしたパティスリー「NUMOROUS(ニューモラス)」さん。

素材を活かしたケーキはどれもとても美味しい!
さっそく紹介させていただきます。

早く食べたくて、写真を撮る前にケーキ側面のフィルムを剥がし忘れておりました・・・その点、お許しください。


まずは、エスプレッソフレーバーを聞かせたチョコレートケーキ。
濃厚でどっしりとしたコクがあり、エスプレッソの風味が味わいをさらに奥深いものにしています。コーヒーと一緒にいただくにはぴったりです。




こちらは中にグレープフルーツのジュレが入ったふんわりムースケーキ。
とっても甘いケーキですが、そこに柑橘の酸味が混ざりあって、なんとも言えない後味を演出してくれます。




そしてカスタード仕立てのストロベリーケーキ。
ペロリと食べられてしまう優しい味わい。全然もたれないのは、きっといい材料を惜しみなく使っているんだろうな・・・と想像してしまいます。




当店からは車で5分〜10分ほどの距離。
美味しいケーキ屋さんが近くにできて、本当に嬉しい限りです。
早く他のケーキも食べてみたいなあ。


近日中にイートインコーナーもオープンされるようですヨ。

「NUMOROUS」さんのHPはこちらです。
http://numorous.com/


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
まだまだ猛暑は続きそうです。気温が30℃を超えると、アイスクリームさえも食べたくなくなるのだそうです。

そんな日には、エスプレッソを淹れて「コーヒーシェーク」を作って楽しんでみてはいかがでしょうか?



作り方はとても簡単。

・ミキサーに氷をたっぷり入れる
・淹れたてのエスプレッソを注ぐ



・アイスクリームをたっぷり入れる
・ミキサーをONにしてSHAKE!!!



ミキサーがスムーズに回転しない時には、牛乳をちょっと足して調整します。逆にユル過ぎるようでしたら、アイスクリームを足します。

ちょうどよい滑らかさなるように分量を調節するのが難しいですが、何回がつくるとコツを掴めてきますヨ。


Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
私は、夕飯の後にホットコーヒーを飲みながらチョコレートをかじるというのが大好きです。一日の最後の締めくくりに、スイートなチョコレートとビターなコーヒー。体中に浸みわたって、1日の疲れを癒やしてくれるような気がします。

しかし連日の真夏日では、さすがに食後にホットコーヒーを淹れる気力も失せてくるというもの。そんな時我が家では、コーヒーカップにバニラアイスクリームを入れて、そこにエスプレッソコーヒーをかけた「アフォガード」を作って楽しみます。

きちんとしたエスプレッソメーカーを持っていなくても、写真にあるような直火式のもので十分。我が家で使っているのはビアレッティ社のエスプレッソ3杯用のモカ・エクスプレス。今日は当店の「アイスコーヒー・ブレンド」を使って「アフォガード」を作りました。

「アイスコーヒー・ブレンド」といっても、フレンチローストに焼き上げたコロンビアとマンデリンをブレンドしてあるだけですから、アイスコーヒーにしか使えないわけではありません。アフォガードに使うような濃厚なコーヒーを抽出したい時などにはぴったりです。もちろん「苦党」を自認している常連様の中には、このブレンドでホットコーヒーを召しあがっている方もいらっしゃるくらいです。

まだまだこれから暑い日が続きます。いろいろと趣向を凝らして、それぞれのコーヒーライフを楽しんでみましょう!




Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
今日は薮原の隠れ家レストラン、BASE(バーゼ)さんでランチしてきました。爽やかな新緑の木曽路のドライブも気持ち良く、気持ちもリフレッシュできた休日になりました。

今日もいつものようにパスタのコースを注文。

有機無農薬野菜のサラダ、バッカスチーズ




清水牧場プティニュアージュとアスパラのラビオリ




鴨ひき肉と葉玉ねぎのリゾット




島豚のサルシッチャとさやえんどうの葉のタリアテッレ




清水牧場クワルクのクリームを包んだカカオのクレープ




最後にカフェ・マッキアートで〆メました。




いつもながら最高に美味しかったです!


*アクセス*
塩尻から国道19号を木曽方面に向かい、鳥居トンネルを抜けたらすぐにある右折レーンに従って右折。しばらく進むと線路を下に見下ろす橋を渡ります。その先で「味噌川ダム」方面へ行く道と分岐しますが、ダム方向ではなくて左方向の道へ進みます。T字路に突き当たるまで進み、T字路を右折します。更にしばらく進むと「焼肉はなのき」という看板が見えてきますので、その手前を右折します。あとはゆっくりと進みながら「田ノ上観音」という目印を頼りに行けばいいです。前述の「base」の看板が見つかるはずです。事前に地図等で調べる場合は、木祖村の老人福祉センターが近くにありますので目印になるかと思います。

定休日は月曜日と火曜日。
席数が少ないため、事前に予約した方が良いでしょう。
TEL=080-5674-3936 神出さんまで。


バーゼでランチを楽しんだ後は、ちょっと足を延ばして「寝覚めの床」まで行ってきました。壮観でした!





Category: 食べ物
Posted by: toirocoffee
ちょっと贅沢な外食を楽しむには、適度な距離感が必要だと、私は常々思っています。自分の家の隣に素晴らしく美味しいお店があればそれはそれで嬉しいことなのかもしれませんが、目的のお店までの道中をワクワクしながら連れ合いと向かうのも、食欲を増進させる大事なスパイスかな?と思うのです。

木曾村薮原にあるBASE(バーゼ)さんは、我が家から車で50分くらい。木曾路をのんびりとドライブして辿りつくその距離感は、まさに絶品のイタリアンを食べに行くには、絶妙な距離感なのです。

自家製プチパン


玉ねぎとじゃがいものフリッタータ生ハム添え


じゃがいものニョッキ、清水牧場バッカスのソース


自家製パンチェッタとプンタレッラのスパゲッティー


鴨ひき肉と焼きねぎのフジッリ


清水牧場”クワルク”のムースを包んだクレープ紅玉りんご添えとバニラのジェラート


あたたかいチョコレートのトルタとバニラのジェラート


カフェマッキアート



1月にお子さんがお産まれになって、新しい家族が増えた神出(じんで)ご夫妻。作りだす料理にも、更に愛情がたっぷりになった気がします。ご馳走様でした!


*アクセス*
塩尻から国道19号を木曽方面に向かい、鳥居トンネルを抜けたらすぐにある右折レーンに従って右折。しばらく進むと線路を下に見下ろす橋を渡ります。その先で「味噌川ダム」方面へ行く道と分岐しますが、ダム方向ではなくて左方向の道へ進みます。T字路に突き当たるまで進み、T字路を右折します。更にしばらく進むと「焼肉はなのき」という看板が見えてきますので、その手前を右折します。あとはゆっくりと進みながら「田ノ上観音」という目印を頼りに行けばいいです。前述の「base」の看板が見つかるはずです。事前に地図等で調べる場合は、木祖村の老人福祉センターが近くにありますので目印になるかと思います。

定休日は月曜日と火曜日。
席数が少ないため、事前に予約した方が良いでしょう。
TEL=080-5674-3936 神出さんまで。